池宮のこだわり

池宮商店の想い

  • 池宮商店の想い01
  • 池宮商店の想い02
  • 池宮商店の想い03

私たち池宮商店は、地元の農家さんと共に成長して来ました。

終戦後、採れたての野菜を東京の市場に運搬する毎日だったと祖父から聞きました。
千葉八街産の落花生が人気になり始める前の話です。
農家さんから、「これから落花生が伸びるから工場をやった方がいいよ。」との話を受け敷地内に製造工場を建てたのが「豆処いけみや」の始まりで、野菜の運送業からのお付き合いの農家さんから落花生を仕入れ、殻を剥き、南京袋に入れて出荷しました。昭和22年頃の話です。
昭和40年頃になると、千葉県八街産の落花生が大阪で人気となり、東京だけでなく大阪や名古屋にも出荷を行い、製造工場を拡大することができました。
平成13年に「JAS有機農産物加工認定工場」の認定取得したのも、有機栽培農家さんからの話がきっかけでした。

工場整備の充実が「新たな商品開発」に繋がっています。

落花生製造ラインだけでなく、塩ゆで落花生を始めとする落花生加工品のレトルトパッケージラインや豆菓子製造ラインを独立させています。
設備の充実が、新たな商品開発にチャレンジ可能としています。

安心・安全への取り組みについて。

原料の管理として、生産農家、入荷した日付から管理しています。また、生産ラインの生産日付・在庫管理を行っています。製造工場は、各生産ラインを分離し、エアシャワー設備の導入による防塵対策や入出管理をしています。
生産者とのコミュニケーション、従業員教育をおこない「安心・安全」への取り組みを行っています。

PAGE TOP ▲

契約農家紹介

  • 契約農家紹介01
  • 契約農家紹介02
  • 契約農家紹介03

千葉県八街市および富里市周辺地域に30町歩の落花生農家と契約しています。農家さんの繁忙期には、池宮商店の社員が種まきや水やり、そして収穫のお手伝いしています。生産農家さんと常にコミュニケーションを取り、より良い落花生の生産に努めています。

落花生の品種 煎り:千葉半立/ナカテユタカ/114号(114号は試験番号名。千葉県が愛称募集中)
ゆで:オオマサリ/郷の香
種まき 4月下旬から5月に実施。
草が生えるのを防ぐためビニールシートで覆い、手で種を蒔いています。
水まき 1日2回 スプリンクラーで水まきを行っています。
中耕、草取り、かさあげ 土の中を耕し、土をやわらかくすることが大事です。子房丙(しぼうへい)が刺さり易くするよう丁寧に行っています。
有機肥料 池宮商店の契約農家では、肥料作りから行っていて醗酵も管理しています。

PAGE TOP ▲

製造工場紹介「JAS有機農産物加工認定工場」

商品は全て自社工場で製造しています。
落花生製造ラインだけでなく、塩ゆで落花生を始めとする落花生加工品のレトルトパッケージラインや豆菓子製造ラインを独立させており、平成13年に「JAS有機農産物加工認定工場」の認定を取得しています。

収穫した落花生を洗浄
収穫した落花生を洗浄・乾燥
乾燥機
風力選別機
粒状選別機
等級選別機
むき身の焙煎機
むき身の焙煎機
むき身の色彩選別機
むき身の色彩選別機
むき身の目視選別
むき身の目視選別
選別
落花生煎り機
出荷梱包
煎り落花生の搬送
煎り落花生の目視選別
煎り落花生の風力・粒状・目視選別
ゆで落花生のパッケージ包装
レトルト加工
ゆで落花生レトルト加工機
加工ライン
甘納豆・甘煮加工ライン
ペースト加工
ペースト充填機
金属探知機、商品出荷梱包
金属探知機、商品出荷梱包

PAGE TOP ▲

店舗紹介

  • 店舗紹介01
  • 店舗紹介02
  • 店舗紹介03

「豆処いけみや」の直営店舗は、本社工場の敷地にこざいます。
営業時間:9時~18時(日曜日、祝祭日定休)
住所:千葉県富里市御料721 TEL 0476-93-1125 MAP
国道296号線の両国交差点を八街方面に向かい50mのところにあります。是非お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

PAGE TOP ▲

株式会社 池宮商店
〒286-0211 千葉県富里市御料721
TEL 0476-93-1125